幹細胞治療について

究極のエイジングケア、幹細胞治療とは?

幹細胞治療は、幹細胞の「再生する能力」を利用し、体内の老朽化した部位を修復する究極のエイジングケア。
ご自身の腹部から採取した脂肪由来幹細胞を数千万個に培養、再び体内に戻し、体の修復能力を高めます。
脂肪由来の幹細胞を用いた治療は、研究により、皮下脂肪に大量の幹細胞が含まれていることが発見され、
有効性と安全性が証明されたことで、今後の再生医療に期待されています。

細胞レベルで健康な体へと導くため、薄毛や活力・精力の改善され、パフォーマンスが向上します。
もっと若々しく活力のあったあの頃の力を取り戻したい方はぜひご相談ください。

01

幹細胞の特徴

Feature

普通の細胞は、細胞分裂によって同じものが2個出来るのですが、幹細胞は「自分自身(自己複製能)+体の特定の部位になる細胞 (多文化能)という2種類の細胞に分裂します。

その過程で、組み込まれたDNA遺伝子の司令塔が、それぞれ手や足、目、骨、内臓、となるように指示され、生成されていきます。

02

幹細胞の再生力

Regenerative Power

「自分自身(自己複製能)+体の特定の部位になる細胞(多文化能)という2種類の細胞に分裂する、という幹細胞の働きによって、ヒトの体は出来上がる、さらに、病気やけがでダメージを受けたら再生する細胞の力がある、ということは、つまり、正しく活発に幹細胞が働けば、怪我やなんらかの理由で切断した指や手足はまた生まれてくるし、ダメージを受けた内臓も再生される、ということになります。

爬虫類等に見られる、しっぽが切れてもまた生えてくる等の生命力は、幹細胞の働きが良いからです。ヒトの体も、幹細胞が活発に働けば、怪我や病気を回復させようとする力が備わっている、ということになります。技術の研究が進めば、幹細胞の摂取と培養により、様々な病気に対して細胞レベルへ働きかける、再生医療が可能になるでしょう。ガン治療の未来の可能性にも大きく貢献しています。

幹細胞には、老化を減速させて、健康な体を維持する機能がもともと備わっているのです。つまり、幹細胞が減少し働きが鈍っているなら、そこをサポートしてあげれば、若々しい体と活力・精力がよみがえり、高いパフォーマンスを発揮できる、と言えます。

03

幹細胞のピーク

Peak

幹細胞は、そもそも人間の体の中に、誰もが持っているものです。
しかし、思春期~青年期をピークに加齢とともに徐々に失われ、80歳のころはピーク時の半分まで減少すると言われています。
子どものころは怪我をしても治りが早かったのに、大人になるとなかなか治らないと感じるのはそのためです。

また、私たちの体は、多くの外的刺激やストレスが原因で、若い時から病気のもととなる細胞を1日5000~6000も生成していると言われていますが、その細胞を撃退したり、ダメージを受けても再生したりする能力があります。しかし、加齢とともに幹細胞は減少し、体のダメージを修復しにくくなり、体のトラブルが多くなり病気がちになります。
皮膚のシワが増え、精力・活力も減少します。

これらをカバーし、自らの幹細胞を採取、培養して投与することで、体の再生力を高め、老朽化した細胞を修復し、若々しい体を蘇らせます。